彩扇

スプリームマスター チンハイは「私は今までにデザインを学んだことはありません。けれど も、何年もメディテーションを行なった後は、インスピレー ションに満ち溢れています」と言いました。かつて、マスターは一晩に数十枚もの扇に絵を描いたこともあります。それぞれに色彩の調和が取れ、構図は生き生 きとして、霊性の意味深い作品です。これらの彩扇はまるで刺繍をしたかのように緻密で、それぞれに風格と画境が異なり、あるものは現代的であるものは古典 的で優雅です。また、他にもユーモラスな作品もあり、作者の子どものような無邪気さとユーモアが自然に表れています。

スプリームマスター チンハイの彩扇を鑑賞すると、天国の甘露を味わうかのように、見るもの聞くものすべてが新鮮に感じられ、人の心を満足させます。無上の芸術の創作美をこの世界の人と分かち合うために、神の恩恵と加護により、この8枚の扇が複製されました。

 

龍が真珠を取る

龍は真珠を手に入れるが、大きすぎて飲み込めない。これは吉兆を表している。真珠が龍より大きいのは、満足感にあふれていることを象徴している。

大いなる開悟(第四の眼)

自ら第四の眼を持ち、仏陀より高いレベルであることを公言する人がいる。

天  碗

釈迦牟尼仏が托鉢に行くと、托鉢碗にいろいろな色の野菜でいっぱいになった。

タロ芋に降る雨

夕暮れ時、タロ芋の上に雨が降り、黄昏に映えて紫がかった色になった。

銀  河

落  日

黄金の船

宮殿の門